水質 汚濁 防止 法 排水 基準。 工場・事業場に対する排水規制・指導

水質汚濁防止法施行令

防止 排水 基準 汚濁 水質 法

及び同条例別表第3の改正規定 「かすみがうら市」の次に「,桜川市,神栖市,行方市,鉾田市,つくばみらい市,小美玉市」を加える部分 神栖市に係る部分に限る。

及び「,波崎町,麻生町」を削る部分 波崎町に係る部分に限る。 e-Gov法令検索• などしてくださる()。

下水道からの放流水の水質基準

防止 排水 基準 汚濁 水質 法

この場合においては、測定点の位置の選定、試料の採取および操作等については、水域の利水目的との関連を考慮しつつ、最も適当と考えられる方法によるものとする。

掲載内容• 汚水の流出事故が生じた場合に、応急措置の実施及び県への届出を義務付ける「事故時の措置」の範囲(対象となる汚水の種類及び事業者の範囲)が拡大されました。

水質汚濁防止法第3条第3項による上乗せ排水基準について

防止 排水 基準 汚濁 水質 法

2 水質汚濁防止を図る必要のある公共用水域のうち、 1 の水域以外の水域については、設定後直ちに達成され、維持されるよう水質汚濁の防止に努めることとする。 以下同じ。 以下同じ。

オ 目標達成のための施策との関連に留意し、達成期間を設定すること。 (神奈川県法規集のサイトに移ります). 指定項目、指定水域及び指定地域(第四条の二)• 検定方法 第二条 一律排水基準 [ ] が環境省から公開されている。

大阪府/水質汚濁防止関係法令のしおり

防止 排水 基準 汚濁 水質 法

第4 環境基準の見直し• この無過失責任は、のの例外となるものであり、の法体系全体にかかわる問題である。 所轄官庁 [ ]• 水質汚濁防止法第3条第3項による上乗せ排水基準について 県では「山形県生活環境の保全等に関する条例」により、上乗せ排水基準を設定しています。 脚注 [ ] []. <外部リンク>. 排水基準 「山形県生活環境の保全等に関する条例」に基づく お問合せ先 村山総合支庁環境課 023-621-8429 最上総合支庁環境課 0233-29-1287 置賜総合支庁環境課 0238-26-6035 庄内総合支庁環境課 0235-66-4744 環境エネルギー部水大気環境課 023-630-2338. よって現実的には、監視の目が行き届きにくい状況である地下浸透によるについて、特に強く無過失責任の規定が適用されると考えられる。

14
緊急時(第六条)• 外部リンク [ ]• 掲載日:2020年8月5日 新着情報 2019年5月19日 2019年10月4日 排水規制の概要 神奈川県では、公共用水域や地下水の水質の汚濁を防止するため、水質汚濁防止法及び神奈川県生活環境の保全等に関する条例等により工場・事業場の規制・指導等を行っています。 水質汚濁防止法の一部が改正されました(平成23年度) 1.汚水の流出事故による水環境の被害拡大の防止(平成23年4月1日から施行) 水質汚濁防止法では、施設の破損等の事故が発生し、有害物質又は油を含む水が河川等の公共用水域や地下に浸透したことにより人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがあるときは、事業者に対して応急措置を実施すること及び知事(岐阜県ではの長)への届け出ることを義務付けています。

水質汚濁防止法排水基準等について|東京都環境局

防止 排水 基準 汚濁 水質 法

また、状況により環境基準を放流水の管理基準とするよう求められることが多い。 2 特定業種 水質汚濁防止法施行規則等の一部を改正する省令 平成26年環境省令第30号 附則別表の中欄に掲げる業種をいう。

この二法は、1958年6月に起こった東京都江戸川区の本州製紙工場の排水が江戸川に流失し、東京湾河口部の漁場を汚染、それに抗議した東京都と千葉県の被害漁民が門を閉ざした同工場に侵入し、警官隊ともみ合い、数十人の負傷者を出した水質汚濁事件をきっかけに成立した。

水質汚濁防止法

防止 排水 基準 汚濁 水質 法

最近ではに排水する場合にはで自主管理したり、行政指導を行うことが多い。

15
地下浸透未然防止に係る構造基準等 有害物質による地下水汚染を未然に防止するため、有害物質を使用・貯蔵等する施設の設置者に対して、地下浸透防止のための構造、設備及び使用の方法に関する基準の順守、定期点検及びその結果の記録・保存が義務付けられています。

環境省_一律排水基準

防止 排水 基準 汚濁 水質 法

第6章 - 罰則(第30条 - 第35条) 所轄官庁 [ ]• 2 1の 3 に係る環境基準の改定は、第1の2の 2 に準じて行うものとする。

11
昭和45年の水質汚濁防止法では、水質保全法、工場排水規制法を一体化し、これらの法律で行ってきた個別に水域指定をすることを廃止し、全水域を対象とする一律の排水基準の設定をおこなった。